放射線治療での心がけ

放射線治療で患者が心がけておきたいことと放射線治療の副作用と対策 ・緩和ケア

 
  • 放射線治療で患者が心がけておきたいことは何?
 
放射線治療は入院するのではなくて、自宅から病院へ通院して行うことが多いです。
がん患者は家事や仕事ができることもあります。
ですが無理をしてはいけません。放射線治療をしている間は体調に気を配りましょう。
 
また外部照射をする放射線治療の場合は、体内に放射線が残ることはありません。
周囲の人たちに影響を与えることはないですから安心してください。
では具体的にどのようにすれば良いのかをご紹介しておきましょう。

 
1番目「食事を朝昼晩としっかり摂取すること」です。

栄養価ができるだけ高い食事を摂取しましょう。
回復を早めるには消化が良い食べものがいいです。
食事を抜くとこはしないで、3食しっかりと食べるようにしてください。
 

2番目「疲れないようにして休養をとること」です。

放射線治療では副作用が、発生しがちです。
体にだるさがあったり疲れやすくなったりすることもあります。
疲労感・倦怠感を感じたら、無理をしないでください。
充分に睡眠をとって休養をとりましょう。
 

3番目「放射線を照射した部分の皮膚に注意すること」です。

放射線治療をしている照射部分は日焼けをしたような状態になっています。
ダメージを受けていますから刺激に弱いのです。
できるだけ直射日光を浴びることを避けましょう。香水や化粧品も控えるほうがいいです。
放射線を照射する部分には付けないようにしてください。

免疫療法 病院